誹謗中傷をする人は、自己肯定感を下げてる件。

誹謗中傷をする人は、自己肯定感を下げてる件。

こんばんはNarumiです!

今日はなんとなく、呟き程度に思ったことを言おうかな〜。

 

 

最近、テラスハウスという番組に出演していた方が

亡くなってしまった事件は、みなさんご存知ですよね?

以前からあった、誹謗中傷が原因だったとか。

 

 

つまり、アンチとかが匿名で暴言を吐いたりね。

チクチク言葉を平気で使ったりね。

 

 

 

 

これは一概には言えないのですが、YouTubeとかのコメント欄を見てると

そこ素直に褒めるべきじゃない?とか、

それ言う必要無くない?と思うような批判的コメントを、日本人はしがちな気がします。(個人的に)

 

 

同じ動画を、外国人が見たとき日本人とは反応が違うんですよね。

むしろ批判的なコメントは少ない印象でした。

 

 

 

 

これは、もはや文化なのか?他人を評価したがる傾向にあるのか?とも思ったんです。

相手に対して、厳しく指導するのはまだ良いかもしれませんが

行きすぎた言葉を使う人って、

本当は、自分に自信がないから言うのでは?

その人のことを批評して引きずり下ろして、自信のあるふりをする方が手っ取り早いですもんね。

でもそう言う人は反論されると、もういいや、とかめんどくせって

その勝ったかのような気持ちのまま、逃げに走るんですよ。

 

 

 

 

つまり、批判する人は自己肯定感がとても低いし、自分で下げている。

では自己肯定感とは何か?

「自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する」

 

それは、失敗したとしても立ち直せるくらいの自信がある人。自分は大切な存在だと分かっている人。

そういった感情を持てる人は、自己肯定感が高いと言えるでしょう。

 

 

 

 

自己肯定感が高い人は、不安や失敗を恐れずに挑戦するし

自分や他人にも優しいです。

いわば確実に、幸せを掴みに来てる人たちですよね。

 

 

なぜ、そう言う人になろうと思わないのか???

とても疑問に思うところ。

妬みや嫉妬は、何も生まれないし、生まれるとしたらマイナスだけ。

 

 

調査の結果でも、「世界の中で日本は、圧倒的に自己肯定感が低い」と言われているみたいです。

だからチクチク言葉を言ってしまう人が多いのかな。

 

 

 

 

 

だからと言って、今からでも遅くない。

今からでも間違った言動を正せば、ちゃんと受け入れてくれるし見てくれる。

そうやって自分に、少しでも価値を見出していこう。

そして、そのきっかけをくれた人たちに何か与えよう。

それを継続すれば必ず自分の人生で、良い循環を作ってくれる。

 

 

だからみんなで少しずつ、自己肯定感を上げていく努力をしていこう!

そして日本で起きているバッシングや批評文化が、

無くなっていく社会になれば良いなと願っています。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

次回の記事もお楽しみにー!コメントも、お待ちしてます!

LIFEカテゴリの最新記事